アコム、プロミス、レイク。キャッシングでお金を借りるならどこが一番?

キャッシングでお金を借りるならどこが一番?

キャッシングしてお金を借りるならアコムやプロミス、レイク、アイフル、モビットなどのカードローンの他にもクレジットカードなどいろいろありますが、どこでお金を借りるのが一番ベストなのでしょうか?
キャッシングでお金を借りる > キャッシングの審査基準。審査に通る人、落ちる人の違い。ブラックリストとは

キャッシングの審査基準。審査に通る人、落ちる人の違い。ブラックリストとは

p002.jpg

「キャッシングの申込みをしたいけれど、審査が不安」と感じている方もいると思います。確かに、はじめて申込みをする方にとっては、「審査に通ることが出来るのだろうか?」と不安を抱えている方も多いでしょう。

では、キャッシング申込時には、どういった審査基準が定められているのか、ご紹介しましょう。

まず、審査の際には年齢は大きく影響してきます。申込み条件としては、20歳以上65歳未満などの条件が定められていますが、この年齢によっても審査内容は変わってきます。

20歳以上となっているため、「20歳だから、問題なく審査に通るだろう」と思っている方もいると思いますが、若い方の場合にはまだ収入も低く、社会的信用度も低いと考えられ、審査は厳しくなります。しかし、利用出来ないというわけではありません。収入に応じて、限度額などが定められるでしょう。

また、電話番号なども審査の際には重要。今では、固定電話をお持ちの方は少なくなってきていますが、固定電話があった方が審査は通りやすいといえます。固定電話は、携帯電話と違い解約や番号変更などはあまり行わないですから、信頼度が高いと判断されます。

お住まいは、持ち家の方の方が信頼度は高くなります。職業については、安定している仕事をしていればいるほど、信頼度は高くなります。アルバイトやパート勤務の方も利用することは出来ますが、会社員と比べると信頼度は低く査定されてしまうでしょう。

このように、キャッシング申込みの際には、これらの基準により審査が行われます。

キャッシングの審査に通らない、落ちる人はお金が借りれない?

「はじめて、キャッシングサービスの申込みを行うけれど、審査に通るだろうか?」と不安になっている方もいると思います。「審査では、どういった人が落とされるのだろう?」と思っている方もいるでしょう。では、キャッシングサービス申込みの際に、審査に断られる人とはどういった人なのか、ご紹介しましょう。

キャッシングサービスを利用する際に判断されるのは、なによりも返済能力。そのため、収入がどのくらいあるのか、どういった職場に勤務しているのか、勤続年数はどのくらいか、雇用形態はどのようになっているのかが重要となってきます。

当然、収入が高ければそれだけ返済能力があると見なされますし、安定した職業であれば審査ポイントは高くなるでしょう。そして、利用限度額も高めに設定される可能性があります。

しかし、どんなに収入が良くても、雇用形態がアルバイトや派遣、パートの場合には、査定は低くなってしまいます。こういった雇用形態の場合には、「いつ、辞めるか分からない」と判断されてしまうため。転職して間もない方も、金属年数が少ないことがネックとなり、査定は低くなってしまいます。

また、過去の借入利用なども確認されます。過去に、「返済に遅れたことがある」という方の場合には、審査に通らなくなってしまう可能性があります。

このように、キャッシングサービス申込時には、これらの内容により審査で断られキャッシング利用が出来なくなることもあります。


ブラックリストで借りれない?ブラックリストとは?

「キャッシングサービスなどを利用する際、ブラックリストに載っている人は利用出来ないっていうのは本当だろうか?」と思っている方もいると思います。

ブラックリストというと、「ファイルなどに、過去の金融事故経験者などが書かれており、ここに明記されている人は、利用出来ないのだろう」と思っている方もいるでしょう。では、実際にこういったブラックリストというものはあるのか、ご紹介しましょう。

金融機関では、それぞれの個人情報などが登録管理されています。新たに、キャッシングサービスなどを申し込んだ際には、申込書の内容などを確認し、更にこの個人情報登録機関のデータを見て審査を行っていくことになります。

このデータは、金融機関の方であれば誰でも確認することが出来、他社での利用状況なども把握することが出来ます。ということは、「他で借入利用していることは、内緒にしておこう」と考え、申込をおこなってもすぐにばれてしまうということ。

また、過去に金融トラブルを起こしている方も、「黙っていれば、ばれないだろう」と思っている方もいると思いますが、これらのデータによりどこの業者でもそのトラブル内容を確認することが出来るということ。ある意味、ブラックリストとでも言えるでしょう。

このように、実際にはブラックリストといった存在はありませんが、金融機関ではどこの業者でも確認出来るデータがあり、それぞれの過去のトラブルなども確認することが可能となります。