アコム、プロミス、レイク。キャッシングでお金を借りるならどこが一番?

キャッシングでお金を借りるならどこが一番?

キャッシングしてお金を借りるならアコムやプロミス、レイク、アイフル、モビットなどのカードローンの他にもクレジットカードなどいろいろありますが、どこでお金を借りるのが一番ベストなのでしょうか?
キャッシングでお金を借りる > 他社借入中のキャッシング。借金しててもお金を借りたい場合

他社借入中のキャッシング。借金しててもお金を借りたい場合

p006.jpg

キャッシングサービスの利用を検討している方の中には、「既に、他社からの借入利用をしている」という方もいると思います。いくつかのローンを抱えている方もいるでしょう。そんな方の中には、「返済が難しくなってきたから、新たにキャッシング利用をして、現状を乗り越えたい」と考えている方もいると思います。しかし、既に借入利用している方は、注意が必要ですよ。

既に、借入利用している方は、現在どの業者からどのくらいの借入を利用し、残額がどのくらい残っているのか把握出来ていますか。既に、「自分の収入には、見合っていない借入状況になっている」という方であれば、当然新たなキャッシング利用は避けた方が良いでしょう。

更にキャッシング利用をすれば、現状は悪化するだけ。新たな借り入れは、借金を増やすだけとなりますから、他の対策方法を検討した方が良いでしょう。また、中には総量規制の対象となり、新たなキャッシング利用は出来ない可能性もあります。そうなれば、色々な業者に申込みを行っても、どこでも審査に通らないことになりますから、注意が必要ですよ。

このように、既に借入利用している方がキャッシングサービスを利用しようと考えた際には、現状をしっかりと確認しておくことが必要。「新たにキャッシングをしても、返済が出来る」と判断出来た時にのみ利用する様にしましょう。

他社借入中にお金を借りるのは悪徳業者に騙されないように注意

既に、いくつかの借入利用をしている方の中には、「返済がきつくなってきたから、おまとめローンなどを利用して、ローンの一つにまとめたい」と考えている方もいると思います。また、「新たなキャッシングサービスを利用して、今の状況を乗り越えたい」と考えている方もいるでしょう。そんな時には、利用する業者選びに十分注意する必要がありますよ。

新たにキャッシング利用をする際には、「すぐにでも、利用出来る業者を選びたい」と焦っている方もいると思いますが、こういった状況で業者を選ぶ際には、悪徳業者に引っかかりやすくなります。

「いくらでも、借入利用が出来る」「すぐにでも、現金借入が出来る」といった甘い言葉で近づいてきますから、注意が必要。どんなに困っていても、こういった悪徳業者での利用は行わない様にしましょう。

中には、街中で見かける「看板の業者が気になっている」という方もいると思いますが、こういった看板などを掲げている業者も注意が必要。せっかく、ピンチを乗り切ろうとキャッシング利用をしても、高金利設定の借入利用をさせられ、高額な請求が求められる可能性があります。

このように、既に借入利用をしている方が新たにキャッシング利用する際には、慎重に業者選びをしていくことが大切。「困っているなぁ」と思われれば、悪徳業者も近づきやすくなりますから、判断能力を失わない様にしましょう。


返済がきつくなっている状態での新たな借入は慎重に

借入を利用している方や、いくつものローンを抱えている方の中には「毎月の返済が、追いつかなくなってきた」と感じている方もいると思います。ローン利用時には、無理なく返済出来ていた方も、「会社の給料が下がったため、返済が厳しくなってきている」と感じている方もいるでしょう。

こういった高額借入をしているときは注意が必要です。

一生懸命働いて、そのお給料のほとんどが返済に回ってしまうような生活をしている方は、「何の為に働いているのだろう?」とむなしく感じているでしょう。「いつになったら、返済が全て終わるのだろうか?」と感じている方も多いのではないでしょうか。

こういった状況では、楽しい生活が出来ませんよね。精神的にも、かなりのストレスを感じているのではないでしょうか。借入やローンを利用する際、一般的には収入の20パーセントまでが返済可能な範囲といわれていますから、「これ以上の借入額となっている」という方の場合には、自転車操業の状態となっている方もいると思います。

こういった方は、「もう、返済出来ない」と現状から逃げ出すのではなく、何か良い方法はないのかを考えていくことも大切。

新たな借入を利用し、自転車操業を続けるのではなく、打破策を考えていくことが必要となります。一人で考えてもどうしようもない時には、弁護士や多重債務者等のカウンセリングを行っている窓口を利用して、相談してみましょう。そうすれば、良いアドバイスなどを受けることが出来ますよ。


借金が返済できない時は自己破産?債務整理について

「給料が下がってしまったらし、これ以上返済を続けていくことは難しい」という方もいると思います。特に、いくつもの借入やローンを利用している方は、「もう、この状況をどうにもすることは出来ない」と感じている方もいるでしょう。そんな方は、債務整理という方法を検討してみるのも良いでしょう。

債務整理は、今抱えている借金がどうしても返済出来ない場合、借金の額を減らしたり、失くすなどの手続きを行う方法。国が行っている、多重債務者の救済策となっています。

債務整理には、いくつかの種類があり、それぞれの状況によって方法が変わってきます。

例えば、任意整理の場合には、弁護士が債務者に交渉を行い、今抱えている借金の額などを減額していくという方法。「返済はしたいけれど、今の額では難しい」という方にとっては、任意整理を行うことで無理なく返済を続けることが出来る様になるでしょう。

特定調停では、簡易裁判所により債務を軽減する方法となります。個人での借入利用の場合には、個人民事再生という方法もあります。こちらは、地方裁判所で申立てを行うことで、今抱えている借金を20パーセント程度減らすことが可能となります。

「全く返済することが出来ない」という場合には、自己破産という方法を取ることも出来ます。

このように、いくつもの借入やローンを利用し、返済に苦しんでいる方は債務整理を行うことで、現状を打破することも可能となります。