アコム、プロミス、レイク。キャッシングでお金を借りるならどこが一番?

キャッシングでお金を借りるならどこが一番?

キャッシングしてお金を借りるならアコムやプロミス、レイク、アイフル、モビットなどのカードローンの他にもクレジットカードなどいろいろありますが、どこでお金を借りるのが一番ベストなのでしょうか?
キャッシングでお金を借りる > キャッシングでいくらお金を借りる?1万、5万、10万、50万。借入限度額について

キャッシングでいくらお金を借りる?1万、5万、10万、50万。借入限度額について

p004.jpg

キャッシング申込みをしたいと考えている方の中には、「50万円のキャッシング利用をしたい」と考えている方もいると思います。それぞれ、利用目的などがあるでしょうから、希望の利用額がある方もいるでしょう。

しかし、キャッシングサービスを利用する際には、審査で決められた利用限度額内でしか、キャッシング利用することは出来ません。そのため、希望利用額が叶うとは限りませんので、注意が必要。では、キャッシングの利用限度額について、ご紹介しましょう。

「どのように、利用限度額は決められるのだろう?」と思われる方もいると思いますが、キャッシングの利用限度額は、それぞれの収入状況、家族構成、お住まいの状況などによって判断されます。

当然、安定している収入でも、少ない収入の場合には、10万円といった低い限度額となることがあります。「今は、ある程度の収入もあるから、大丈夫だろう」と思っている方でも、過去に借入利用を行い金融事故などを起こしている場合には、低い限度額となってしまうこともあります。

あくまでも、利用限度額はその方の信頼度によって決められるものとなりますから、返済出来る範囲内で決められるものとなります。

このように、キャッシングサービス利用時には、それぞれに利用限度額が決められます。利用限度額は、人によって変わってくることになり、必ずしも希望限度額が叶うとは限りませので、あらかじめ理解しておくことが必要となるでしょう。

キャッシング最初の借入限度額は50万円以下の場合がほとんど。

「キャッシングサービスを利用したいけれど、どのくらいの額の利用が出来るのだろう?」と思っている方もいると思います。中には、高額借入を希望している方もいるでしょうから、「希望利用額が、叶うのだろうか?」と思っている方もいるでしょう。では、キャッシングサービスの利用額について、ご紹介しましょう。

利用額は、同じ年齢の方でも職業や年収、家族構成、お住まいの状況によって変わってきます。限度額は、基本申込みしている方の収入と他の借入利用をしていない科を考え、判断されることになります。「出来れば、100万円の借入利用をしたい」と考えている方もいると思いますが、一般的には初めて利用する方の場合には、50万円以下の限度額が設定されることが多くなります。

既に、他社で20万円の借入利用している方の場合には、30万円の限度額となると考えておいた方が良いでしょう。中には、消費者金融での利用を考えている方もいると思いますが、消費者金融での利用の場合には、総量規制の対象となりますから、年収の3分の1以上の借入利用は出来ませんので、頭に入れて置くことが必要。

「じゃあ、家のローンがあると利用出来ないの?」と思われる方もいると思いますが、家のローンなどは総量規制の対象外扱いとなりますから、消費者金融での借入も利用することが可能となります。

このように、キャッシングサービスを利用する際には、それぞれの収入などに応じて利用額が決められることになり、最初は50万円以下の設定となることが一般的となります。


改正貸金業法によるキャッシングの総量規制で限度額に制限がある

かなり前から、キャッシングサービスを利用している方もいると思います。そんな方の中には、改正賃金業法により「利用しにくくなった」と感じている方もいるかもしれませんね。改正賃金業法は、あくまでも利用者を守るために作られた制度となりますが、この改正賃金業法により利用出来なくなっている方もいるでしょう。

では、改正賃金業法とはどういったものなのか、ご紹介しましょう。

2006年12月には、改正賃金業法が公布され、様々な制限が行われています。例えば、キャッシングサービスを提供している業者としては、上限金利は年29.2パーセントから年20パーセントへの引き下げが行われていますし、制限金利を越える契約を行った場合には、行政処分の対象となりました。

貸金業者は、貸金業登録を行う際には、純資産が5,000万円以上なければ貸金業を営むことは出来なくなっています。利用者の場合には、総量規制というものが導入されたことで、年収の3分の1を超える借入利用は、原則出来なくなっています。

「改正賃金業法は、本当に良いものなんだろうか?」と思われる方もいると思いますが、改正賃金業法により業者利用は安心してできる様になったでしょう。「安全な業者か?」と思った時には、貸金業登録を行っている業者か確認すれば判断しやすくなっています。

しかし、利用者にとっては総量規制という制度により、利用出来る限度額が定められたことになりますから、「利用出来なくなってしまった」という方も多いかもしれませんね。